南房総 – 馬と遊べる愉快なプライベート型体験牧場

女手ひとつで牧場作り・2007年からの記録

移住してきた2007年の夏。
これでも一番歩きやすかった所。インディジョーンズのテーマが流れそうです。
動物取扱業や旅館業など、施設作りに必要な資格も同時進行で取得していきます。
壁のように立ちはだかるのは、しのべという細い竹です。

どんどん伐採。切った竹はくぼみに埋めていきます。
埋めた竹は養分となり排水を促し、良い草が生えます。

ひたすらに木を伐り竹を伐り、運命の2008年7月23日。
ドウほか4頭のポニー(1頭預かり)が牧場へやってきました。一足遅れて馬小屋も完成。
200807200807-1200808
2008年8月、捨て猫の和(なごみ)こと会長が牧場入り。
畜舎に湧いていたネズミが一掃されました!
20080814200808_1
2008年10月、きつすぎるヒモを食いこませたまま飼育放棄されたミニブタを保護。
2011年4月に亡くなるまで飼いましたが、鳴き声も大きく、掘る力も強く世話は大変でした。
200810125-200810
2008年12月25日にやってきた黒い牝馬は、メリーと名付けられました。
200812
2009年1月にはボーダーコリーのトミーが仲間入り。2月に開拓の友、パワーショベルがやってきました。
3月、しいたけの原木を伐採。
20080120080220090324
2009年4月、イノシシが襲来する前の孟宗竹の巨大なタケノコ。
その後は真冬から掘られて全滅状態になり、年々細くなっていきました。
200804
2009年4月、バーベキュースペースの建築開始。7月に完成しました。
2009041320090508200907
2009年5月、捨て猫のメグハグ姉妹が牧場へ。
20090524200905-2
2009年6月、川向うの土地に行けるよう、業者さんに依頼して重機が渡れる橋をかけました。
岡山県からオリーブも到着。
2009060120080604
2009年7月、数少ないミヤマクワガタが出ました。
この頃は作業に没頭、疲労で玄関で倒れる日も。画像もほとんどありません。
200907-2
2009年8月。オリーブ畑の整地。

2009年10月、台風で枝が折れ車の屋根がへこみ、大規模な伐採を考えはじめました。
20091008
2009年11月。ダイフクが牧場入り。
人に慣れておらず、その後大きな怪我をし、長い間乗るどころか近寄ることすらできないままでした。
20091113
重粘土と重機で戦う毎日。発熱と強い締め付け感を伴う緊張型頭痛に悩まされていました。

一雨降ると底なし沼。
人が歩くとひざまで潜ってしまい、重機は月に数日しか乗れない時もありました。

2009年12月、馬運車と一緒にアイ母さんがやってきました。
20091201
2010年1月、現在の大きな馬場と丸馬場の様子です。
2月ごろ右肩を壊し、重いものを持つこともお尻のポケットに手を入れることもできなくなりました。
2010011620110107
2010年5月。10年来のパートナーが発病、病院に詰める毎日。
孵化したアヒルは元の飼い主さんに引き取られました。親鳥たちが襲われていなくなったそうです。
20100620
2010年6月26日。仔馬が生まれ、ビータと名付けられました。
2010062320100623-2
2010年8月、古木から生まれたタマムシが空を舞います。記録的な猛暑の中、透明な日々でした。
20100911
2010年11月。やっと下の四角い馬場の輪郭が見えてきました。

この頃はパートナーの病が重くなり、自宅で最期を迎えたいという願いをかなえることにしました。
悲しくてたまらないときは、施設作りに没頭することで気を紛らわしました。

2011年1月の31日、パートナーは牧場完成を見ることなく天国へ。

2011年2月、生活に余裕がなくなり、狩猟免状と銃を返納しました。
20110211
2011年3月8日、朝10時。
突然馬たちが走り回り、初めて携帯で動画を撮ってみました。動画はこちら
*三日後の3月11日、屋根の上で東日本大震災の揺れに遭遇。

2011年3月10日、震災の一日前に木更津からアオヤギの貝殻到着。
20110310
計画停電の夜は寒くて暗く、泣きながら重機に乗る日々でした。
20110324
2011年4月。ヒノキのウッドチップと追加の貝殻。
ウッドチップは15立米、貝殻は数千袋使いました。

じわじわ水が湧き、いつまでも重機で入れなかった丸馬場下。

晴れが続いた日に溝を掘り、貝殻を並べ、「暗渠」(あんきょ)という地面の中の水脈を作ります。
じわじわと水が湧く土地の排水に適しています。

一度目の丸馬場作り。「できた!」と思って喜んだのもつかの間。
地面が落ち着く前にウッドチップを入れてしまい、結局無駄になりました。

軟弱地盤には砂利を厚く入れ、数か月して地面が固まってからでないと作業してはいけないようです。
高価なウッドチップを全部はがして暗渠を入れなおしました。
失敗ばかりで毎日うんざりですが、畜舎への通路に屋根が張れ、雨でも濡れずに畜舎へ行けるようになりました。
20110402
2011年6月、畜舎の屋根を延長。7月には枯れたケヤキの巨木を伐採しました。
2011061020110703
2011年8月。柵も白だと違和感があり、茶色に変更。猛暑の中、柵をばらしてペンキの塗り替え。
バーベキューコンロと焼き網を特注、同時進行で犬の洗い場を作りました。温水も使えて便利です。
201110272011年8月
この頃には馬たちが柵のないところでも放せるようになりました。
雨後の地面の緩い時には単管でひさし作り。長くて重い5メートルパイプを一人で屋根の上まで運び、組むのは大変でした。
201108
裏山にゲートを作り、朝起きて柵を開ければ馬たちが放牧場へ出ていけるように。

2011年10月。古いキッチンテーブルを購入、板を張ってリサイクル。
真ん中をくりぬき、囲炉裏を作りました。
暗渠を集めて作った人工の沢には青い沢蟹やカエルなどいろんな生き物が集まり、犬のお気に入りになっています。

2011年11月。孟宗竹の伐採と、竹やぶコースの整地開始。
新しい仲間、モミジがやってきました。
20111113
雨でぬかるむ丸馬場のウッドチップをはがし、下に砂利を分厚く敷き詰めました。

2011年12月。竹やぶコース拡大。アイアンクローをつけて運ぶと楽です。
2011121120111215
整地の途中で出てきた丸い石。馬蹄石です。

ところどころ水が湧いて地面に大きなクレバス?ができています。
伐採した竹を踏み割って詰め込み、土をかぶせておくと地下排水として機能します。
わずかですがオリーブが実り、感動しました。

ここは雨が多く、オリーブが結実しにくいことを後で知りました。
現在はほとんど観葉植物ですが、西日に照らされる繊細な枝葉は美しいものです。

2012年1月。竹やぶコースの直線が完成。石灰を数トン蒔いて泥を中和させ砂利を入れました。
20120102
枯れたケヤキの大木伐採、2回目。整地の影響を受けやすい樹木です。
太い部分は地面に立ててオブジェに。
20120111
2012年2月、まだ群れに入れてもらえないモミジ。
これ以上近寄ると、ドウが走ってきて体当たりします。
20120227
2012年3月。四角い運動場と丸馬場の小屋が完成。鞍置き場は使いにくく、後日作り直しました。
20120311_220120311
2012年4月。オリーブ畑に放牧柵の設置。現在はこれよりももっと拡張してあります。

上の道路から降りてくる道もきれいに整地。自宅北側の神社前の広場駐車場を拡大。畜舎前の柵もなおしました

2012年5月。オリーブ畑にもゲートを2か所設置。軽トラが楽に出入りできるようになりました。

イノシシに食べつくされていた孟宗竹。フェンスで囲い、4年ぶりの細いタケノコがでました。

2012年5月16日の夕方、放牧場で2頭目の仔馬誕生。ソラと名付けられました。
2012年5月20120516
2012年6月。整地した地面に青草が生え始めました。

2012年7月。竹やぶコースに水が湧き、砂利を入れて修正を繰り返しています。

7/23でお馬4周年、ここでの生活5周年目。ゴミ庫を作りました。

2012年12月。
右肩の激痛も和らぎ、馬生活4年目にしてようやく馬たちの基礎トレーニングが始まりました。
20121119
2013年1月元旦、馬場で走るモミジ。
20120101
2013年2月~3月、プロに頼んで畜舎横の大木伐採開始。この時の補助経験がのちのち役立ちました。
竹やぶコースの整地も同時進行、竹が真横に倒れていた最大の難所もクリア。
201302201302_2201303
丸太を縦割りし、丸太橋に。
201303_2201303_4201303_5
2013年4月、繁殖のためのラバをお借りしました。のちのコメリの父です。
外乗の苦手なドウは敷地内で橋を渡る練習、メリーとモミジは5年越しの夢・富山展望台へ。
201304_1201304_2201304_3
2013年5月、また丸太を割って橋をかけました。
201307_5201307_4
2013年の7月、馬たちがやってきて5年目の夏の日に思いがけず結婚。
新婚旅行?は夫と牛舎8号さんへ乗馬出張。
201307_2201307_3
2013年8月、ゲストハウス前をコンクリ舗装。さっそく猫が・・
猛暑の中、牧場西側の崩れた沢に夫と橋をかけました。
201308_1201308201308_2
2013年9月。さらにもうひとつ。
週末には夫がときどき力を貸してくれ、重たいものも運べるように。
201309-1
2013年10月、この頃から撮影のお客様が増え、手力整体塾も恒例行事に。
台風でビワの巨木が倒れました。
201310201310_1201310_2
激しい雨の合間、駐車場の屋根を拡大。
201310_5
2013年11月、新たなコースの見極めと伐採開始、倉庫の外壁増設。牧場西側に人手を借り丸太橋を追加。
201311201311-2201311-1
午年の年賀状撮影に忙しい時期、骨折した指をかばいつつ走りました。
29-6OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2014年1月、先月取得した土地の伐採開始。ロープで吊って隣地に倒れないよう慎重に切っていきます。
友人の力を借り、道の大穴の上に新たな丸太橋を設置。
201401-8201401
2014年2月、おっとりしたシャインが牧場入り。新入シャインと呼ばれます。
鞍置き場を新設、馬具の管理が楽になり、馬装もスピードアップ。
201402-8201402_2
2014年4月、夫が片手用チェーンソーを買ってくれ、作業効率が数倍に。
雪で折れた枝の片づけもはかどります。4/27にはダイヤモンド富士が見えました。
201404201403201404_27
鞍置き場前にゴムシートをしき、掃除と乾し草の管理が楽になりました。
201405
2014年4月。母が亡くなった三日後、牝馬メリーがラバを出産。コメリと名付けられました。
23-125-1
2014年5月、眉毛の上から夏毛になったコメリと母親メリーの練習再開。
201406 (2)201406
2014年6月、生後二か月目の様子です。

http://youtu.be/GYIn–oZvSo
2014年7月、大きな馬場の地盤が固まってきたので縁取りをし、一回り広くなりました。
201407
2014年8月、古木が倒れ、運び出して柵代わりに。3年越しの夢・ナイター開始、与那国系のナックルが牧場入り。
17-5201408201408_1
2014年9月、丸太を埋めて基礎を作り、ゲストハウス横に小さな丸馬場を作りました。
放牧場への大きな道も増設し、重機や軽トラの搬入が楽に。
201409201409_1201409_2
2014年10月、川向うの竹やぶを片づけ新たな牧草地に。遅い時間になるとイノシシが出ます。
201410201410-1
夫婦で力を合わせてセメント張り。9月に丸太を伐採した跡は使いやすい小部屋に。
201409_3201410-2
畜舎の3か所にも。ぬかるまなくなり、掃除の効率が上がりました。
201410-3201410-4201411
2014年12月、新たな土地の整地も順調。日に日に光の注す場所が増えます。
201412201412-2
移住して最初に作ったパイプ倉庫を撤去、年末にはお客様と竹やぶコースの動画を撮ることができました。
201412-1201412-3
2015年1月、お正月から人手を借りて竹の伐採。野ウサギと遭遇。
201501201501-5201501-4201501-2
中旬には猫のゴロが人懐こさをかわれて仲間入り。ルートの全貌が見え、古い孟宗竹を切る余裕も。
201501-6201501-3201501-1
2015年2月。森林コースの最終地点へ到達。
201502201502-1201502-2
2015年3月、牧場南側の大木の枝をはらい、西側のルートをきれいに。
この頃は高所作業が多く、緊張しました。
201503-6201503-1201503-53-4
丸馬場の下に竹を入れて暗渠にし、樹皮の搬入開始。ドウの二次トレーニングも順調。
201503-3201503-7201503-4
2015年4月、樹皮の層はどんどん厚くなり、活発なダイフクのひづめも痛みません。
201504-1201504
外乗コースのぬかるみには輪切りにした竹を打ち込み、ようやく全線開通!
201504-2201504-320150427
2015年5月、馬と道を歩き、再調整。
201505201505-1201505-2
イノシシの泥浴び場には孟宗竹を差し込み、使えないようにしました。
201505-3
2015年7月、ヒメオウギスイセンの群落。
一年半ほど前に伐採した草木を燃やした跡地に、朱色の美しい花が咲き誇りました。
10-916-1
2015年8月、夏草を食べる夏毛の馬たち。9月には馬場付近に親子連れのイノシシが時々出没。
9月にはポニーの輸送箱を購入、グリーンチャンネルの撮影も行われました。
12-2223-54-5
2015年10月の夜間撮影。簡単なコメリのトレーニング、おびえやすいドウのシート馴致も再び。
5-113-617-11
10月25日、ソラとビータがマダムナカイのローズカファへ。
ソラは1か月の研修期間を終えて正式雇用?となり、バラのためにせっせと肥料を生産しています。
25-7
11月、丸太橋の幅を拡張。ぬかるみに木のくさびを大量に打ちこみ、地固め作業。
月末にはレギュラーの放牧場を拡張。馬たちの運動量が増えました。
4-36-129-2
2015年の12月は記録的な暖冬。モミジの色づきも浅く、気温17度のクリスマスには水遊びをしました。
ドウのストレッチも順調です。
1-102523-13
2016年元旦に冬毛が抜け、15日にはメリーが発情。
真っ暗な森を間伐し、新たな牧草地を増設。水鏡の撮影が印象に残りました。
1-1514-828-7
2016年2月、ウサギの食害?で牧草が育たず。牧場南側の看板を設置しました。
1128
2016年3月、コメリとナックルの丁寧なトレーニング。体験プランで砂利の積み下ろしを手伝っていただきました。
5-58-924

2016年4月、雨の合間をついてぬかるみへのくさび打ちこみが続きます。副産物として大量のきくらげが取れました。はみのない頭絡 ”ビットレスブライドル” が届き、使用開始。

29-2 6-5 24-11

2016年5月、竹の小屋完成。蜂の分蜂の季節になり、14日には津辺野山の真上に太陽が沈みます。

14-1 10-14 14-2

2016年6月、外乗時のクローバー冠作りが流行し、6日頃にはヘイケボタル。丸太を焼いて橋作りの準備、馬の理学セラピーも始まりました。

28-7 7-13 22-2

2016年7月、軽トラを買い替え。美しいマヤランが咲き、ナックルがストレッチを覚えました。

1-2 11-302
22-7

2016年8月、ウッドチップ搬入。丸太橋の工事も順調、はだか馬用の鞍を使って納豆を作ったり、怪我の治療に使ったり。

4-3 13-4 26-10

2016年9月、ほとんど雨の一ヶ月。イノシシに掘られた丸馬場と放牧場の土手を修正し、“馬と踊ろう Klaus F. Hempfling著” を読み、月末には馬の骨格標本作りのお手伝い。

2-1 9-8 20-2

2016年10月、記録的な長雨で晴れたのはほんの数日。稲刈りができないまま新芽が出てしまう田んぼが続出しました。古い瓦を入手してコースに敷き詰め、大久保の馬場の整地も開始。

 

2016年11月、大久保の馬場の整地が続きます。24日は初雪が降り、大きく育った紅葉の美しさに見惚れ、移植を開始しました。

 

2016年12月、大久保の馬場の生垣を剪定、蒔いた牧草も芽吹きました。富山には真冬の羽のような雲が広がります。

 

2017年1月、電気柵を設置。雨の少ない時期は砂利を運んでコース整備、ちびっこたちが裸馬に乗れるようになりました。

 

2017年2月、馬場のギシギシの根掘りに一苦労。12日には初雪が降り、馬小屋横の雑木を伐採しました。

 

2017年3月、丸馬場下に土止め用の苗を移植。コースにかかる枯れ始めた大木を伐採。馬場の牧草も順調に生育し、夢にまで見た光景が現実になりました。

工具の使い方、草の刈り方、重機の操作、なにひとつ知りませんでしたが、馬の世話と同時進行ですっかりたくましくなりました。
骨折3回、屋根から落ちること2回、落馬気絶一回、重機は2代目になり、軽トラを溝や谷間に落としたこと数えきれず。

失敗した時にもへこまず、すぐに対応することだけは上手になりました。
今になって思うと、何も知らなかったからやれたのだろうと思います。

牧場作り&お馬たちの練習、人と馬が生きるための道探しは、まだまだ続きます。

予約/お問い合わせはメールにて TEL 0470-58-0213 予約制 AM9:00~PM18:00 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 南房総 - 馬森(まもり)牧場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.