2010年1月、現在の大きな馬場と丸馬場の様子です。
2月ごろ右肩を壊し、重いものを持つこともお尻のポケットに手を入れることもできなくなりました。
2010011620110107
2010年5月。10年来のパートナーが発病、病院に詰める毎日。
孵化したアヒルは元の飼い主さんに引き取られました。親鳥たちが襲われていなくなったそうです。
20100620
2010年6月26日。仔馬が生まれ、ビータと名付けられました。
2010062320100623-2
2010年8月、古木から生まれたタマムシが空を舞います。記録的な猛暑の中、透明な日々でした。
20100911
2010年11月。やっと下の四角い馬場の輪郭が見えてきました。

この頃はパートナーの病が重くなり、自宅で最期を迎えたいという願いをかなえることにしました。
悲しくてたまらないときは、施設作りに没頭することで気を紛らわしました。

2011年1月の31日、パートナーは牧場完成を見ることなく天国へ。

2011年2月、生活に余裕がなくなり、狩猟免状と銃を返納しました。
20110211
2011年3月8日、朝10時。
突然馬たちが走り回り、初めて携帯で動画を撮ってみました。動画はこちら
*三日後の3月11日、屋根の上で東日本大震災の揺れに遭遇。

2011年3月10日、震災の一日前に木更津からアオヤギの貝殻到着。
20110310
計画停電の夜は寒くて暗く、泣きながら重機に乗る日々でした。
20110324
2011年4月。ヒノキのウッドチップと追加の貝殻。
ウッドチップは15立米、貝殻は数千袋使いました。

じわじわ水が湧き、いつまでも重機で入れなかった丸馬場下。

晴れが続いた日に溝を掘り、貝殻を並べ、「暗渠」(あんきょ)という地面の中の水脈を作ります。
じわじわと水が湧く土地の排水に適しています。

一度目の丸馬場作り。「できた!」と思って喜んだのもつかの間。
地面が落ち着く前にウッドチップを入れてしまい、結局無駄になりました。

軟弱地盤には砂利を厚く入れ、数か月して地面が固まってからでないと作業してはいけないようです。
高価なウッドチップを全部はがして暗渠を入れなおしました。
失敗ばかりで毎日うんざりですが、畜舎への通路に屋根が張れ、雨でも濡れずに畜舎へ行けるようになりました。
20110402
2011年6月、畜舎の屋根を延長。7月には枯れたケヤキの巨木を伐採しました。
2011061020110703
2011年8月。柵も白だと違和感があり、茶色に変更。猛暑の中、柵をばらしてペンキの塗り替え。
バーベキューコンロと焼き網を特注、同時進行で犬の洗い場を作りました。温水も使えて便利です。
201110272011年8月
この頃には馬たちが柵のないところでも放せるようになりました。
雨後の地面の緩い時には単管でひさし作り。長くて重い5メートルパイプを一人で屋根の上まで運び、組むのは大変でした。
201108
裏山にゲートを作り、朝起きて柵を開ければ馬たちが放牧場へ出ていけるように。

2011年10月。古いキッチンテーブルを購入、板を張ってリサイクル。
真ん中をくりぬき、囲炉裏を作りました。
暗渠を集めて作った人工の沢には青い沢蟹やカエルなどいろんな生き物が集まり、犬のお気に入りになっています。

2011年11月。孟宗竹の伐採と、竹やぶコースの整地開始。
新しい仲間、モミジがやってきました。
20111113
雨でぬかるむ丸馬場のウッドチップをはがし、下に砂利を分厚く敷き詰めました。

2011年12月。竹やぶコース拡大。アイアンクローをつけて運ぶと楽です。
2011121120111215
整地の途中で出てきた丸い石。馬蹄石です。

ところどころ水が湧いて地面に大きなクレバス?ができています。
伐採した竹を踏み割って詰め込み、土をかぶせておくと地下排水として機能します。
わずかですがオリーブが実り、感動しました。

ここは雨が多く、オリーブが結実しにくいことを後で知りました。

2012~2013の記録