南房総 – 馬と遊べる愉快なプライベート型体験牧場

馬は人を馬鹿にするの?

  • HOME »
  • 馬は人を馬鹿にするの?

良く聞かれる
「馬は人を馬鹿にする」という言葉について。

管理人はそうとは思っていません。
その人が馬の扱いに長けていて、バランス良く正しく乗ることができ、自信を持って堂々と導くことができれば、トレーニングを積んだ馬たちは素直に従います。
(ただし、十分に経験を積んでいない馬はこの限りではありませんし、急に噛みつきにくるなど危険な性質を持つ馬は施設でもお客様に触らせません。空腹時や体に不調のある時も従いにくいことがあります)

馬の個体差は大きく、敏感さや乗り手へのレベル要求度は異なりますから、乗馬クラブなどでは乗り手の熟練度に応じた馬を引き合わせてくれます。
何十、何百鞍とこなしていくと、活発で敏感な馬への騎乗機会が増えると思います。

乗馬クラブの先生が自由自在に乗りこなせる馬が、自分が乗り替わった途端に動かなくなるのは、
「正しいバランスがとれていない、正しい導きができていない」ということです。
“バカにしている” のではなく、背中に乗った人に違和感を感じ、間違いを態度で示しているのです。

「クラブでいつも動かない馬にばかり乗せられます」とがっかりしている方も・・
もし、その状態で
“わずかな刺激に敏感に反応し、活発に動く馬”をあてがわれると、少しでも間違った馬への指示(扶助といいます)で驚いて跳ねたり、混乱したり駆け出してしまう危険があるため、今の段階では乗せないようにしてくださっているのです。
“どんな人も乗せられる、どっしりしていて驚きにくい練習馬のありがたさ”は、この先ずっと乗っているといつかわかる日が来ると思います。

柵の外では馬たちの意志による自由行動(草を食べるなど)をきっちり抑えることが重要です。
一度好き勝手にさせてから元に戻すのは大変ですから、こういった行動が出る前に乗り手が予測して
「絶対にさせないルール」を徹底しないといけません。
これができないと「従わなくても良い」と判断され、背中には誰もいないのと同じになってしまいます。

馬をコントロールする上で体幹を鍛えることと、下半身の柔軟性は重要です。
下半身の関節の可動域をストレッチで少しでも広くしておくとなお良いです。
ひざで硬く馬を締め付けず、縦軸(太もも)を外側へわずかにひねり、ふくらはぎ~かかとを馬体にそってまっすぐ下ろし、足首をバネにして柔らかく乗ってみてください。
姿勢を悪くしている日常生活での癖を意識して改善し、柔軟性を高めていくと、乗るたびに何かが違っていることが実感できることでしょう。

馬は、人を写す鏡のようなもの。

「馬が人を馬鹿にしている」とマイナス向きにとらえるのではなく、
「違和感を感じ、間違いを態度で教えてくれている」
「自分をきちんと導いてくれるのを待っている」
と考えてみると、視野が広がり、馬たちへの心構えが違ってきますよ。
5-12

予約/お問い合わせはメールにて TEL 0470-58-0213 予約制 AM9:00~PM18:00 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 南房総 - 馬森(まもり)牧場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.