南房総 – 馬と遊べる愉快なプライベート型体験牧場

野外騎乗 1頭で乗る難しさと面白さ

お客様に
「私は何度も野外騎乗したことがあります、一人で外で自由に乗せてください」
と言われることがあります。
このことについて詳しく書いてみます。

お客様のいう状況は、ほとんどがコースを熟知し経験を積んだ複数の馬でのグループ乗馬です。
これは「乗ったことがある」という経験のひとつではありますが、実は乗り手の熟練度を問いません。

例えるなら電車に乗るイメージ。
風景に見とれて感動していても、馬たちはきちんと前の馬について動き、前の馬が止まれば自然に止まってくれます。
刺激の多い野外騎乗では、先導(あるいは最後尾も)をスタッフが担当、熟練した馬とお客様が真ん中に入るという隊列を組むのが最も安全です。
ウエスタンの鞍なら前後に壁がありますし、バランスを崩したときに真ん中の角につかまれます。

馬たちにとっても「群れの移動」という本能的な動きですから強いストレスもなく、乗り手も爽快です。
(馬森牧場もこの方向性を目指すために日々練習しています)
足場の良いところなら、初めての方でも駈歩(かけあし)ができるかもしれません。

一方、一頭の馬を乗り手の意志で、刺激と起伏の多い柵の外でも完全にコントロールするのはとても難しいのです。
当牧場の馬たちはトレーニング過程にあり、まだゆっくりとした高い駈歩を出すことができません。
単身運営の管理人には、複数の初心者さんを安全に野外トレッキングへ連れ出せるほどの余裕がまだありません。
「本当?」と思う方は、ぜひちょっとだけ試してみてください。
今までに経験したことのない、馬の動きが感じられると思います。

グループではおとなしく乗せてくれた馬も、『1頭でもきちんと御せる』人でないと見るや、延々と草を食べ始めます。
その時、乗り手にに首を立て直せる力とスキルがないと、それっきりです。

以上の理由から、
「外乗は中級者以上が望ましいです。そうでない方は、安全のため状況により一部引き馬にてお受けする場合がございます」
という形を取らせていただきます。
引き馬でも十分に大自然とその風景を堪能できますし、より安全に楽しめるからです。

(しかし、グループ内に中級以上の方が一人いれば状況はずいぶん違ってきます。
馬たちの群れをまとめやすくなるのです)

「なぜ今の日本に馬があふれていないのか? 日常生活で馬に乗っている人を見ないのか?」

答えは、一般的に思われているよりも難しいからです。なぜ自由に乗せてもらえないの?
25-21

予約/お問い合わせはメールにて TEL 0470-58-0213 予約制 AM9:00~PM18:00 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 南房総 - 馬森(まもり)牧場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.