南房総 – 馬と遊べる愉快なプライベート型体験牧場

なぜ自由に乗せてもらえないの?

なぜ自由に乗せてもらえないの?

「引き馬はつまらない。外で好きなように自由に乗せて」
と言われることもありますが、しっかりと基礎練習を積んだ信頼のおける方以外は原則としてお断りする理由を書いてみます。
「人馬の事故防止」そして「馬の心と体を壊さないため」です。

 馬たちは終始一貫したトレーニングを受け、「この指示ではこう動く」という風に関連付けて記憶しています。
そこへ矛盾した指示がひんぱんに出されると混乱し、歩みを止めたり人を無視したり、反抗したりするのです。
人間同士でも約束をしょっちゅうすっぽかしたり、毎回言うことが違ったりする人は・・疎遠になりますよね(笑)
馬たちは名詞の肩書で人を判断しませんが、人と馬全体を群れとして考え、直感で「自分より上か下か」を判断し、態度でそれを示すのです。

群れに依存する馬の性質や心理を理解し、基本姿勢を身に着け、どこへでも丁寧に導き、彼らを従え、ひとりで自由に操れるようになるまでには、長い長い時間がかかります。

牙や爪を持たず、草食獣である馬は、群れの動きを意識しながら延々と草を食み、何かに驚くと本能で反射的にその場所から離れることで身を守ります。
乗り手が常にその動きを想定し、落ちない姿勢とバランスを保てないと、急な動きで落馬してしまいます。
これも経験から覚えていくしかありませんから、野外騎乗はやむを得ない落馬も込みで楽しんでいただくことになります。

施設では、馬を駅前のレンタカーのように誰にでも一頭で貸し出して
「はい、どうぞ好きにお乗りください」というところはそうそうありません。

その理由は・・ 乗り手が一人の場合は、馬の性質を良く知り、扱いに十分慣れた人でないといけないからです。
上手な方ほど丁寧ですし、馬たちをよく観察し、「いきなり走らせよう」などといった無茶をしません。
馬についてあまり知らない人は、脱いだ上着をいきなり馬上から放り投げたり、西部劇のようにいきなり腹を蹴り上げて「ハイヤー!」と鞭打つことも十分予測できます。
あまり知られていませんが、群れに依存する馬は遠くに連れ出されて1頭になってしまうと不安になり、扱いが難しくなることも多いのです。

そして残念なことに、「時間内はお金を払った自分がどんな乗り方をするのも自由でしょ?」と考える人も、どんな馬もいきなり強く蹴り上げたり、ムチで思い切り叩くことのみが正しいと考える人もいます。
正しい扶助(馬への合図)を知らず、力任せに馬の口もとをねじりあげるような乗り方をする人も、乗せるわけにいかないのです。

もし好き勝手に乗って事故が起きた場合、保険証を持って自己責任で乗っている人間はともかく・・
指示された通り忠実に動いて事故にあわされた馬には、ペット保険のようなものがありません。
それに、怪我をしたからといって安易に替えの馬を用意することもできません。
なにより普段愛情をこめて飼育している人が、我が子同然の馬をそんな目に合わせるわけがありません。

馬たちは、”馬を良く知らない人の一方通行かつ理不尽な命令”には従いません。
映画でさっそうと馬に乗っている俳優さんは、画面外で時間をかけて練習をし、落馬などで何度も痛い目にあっています。
野外騎乗レースに出るような熱意のある乗り手も、怪我は日常茶飯事です。
施設も馬の扱いには十分気をつけていますが、それでも事故はあります。
管理人は素人ですからこうしていろいろ書きますが、現場のプロは練習中の様子を見せず、当たり前のこととして言わないだけです。

馬により安全に乗るということは・・
●柵の中で訓練された馬に乗ること
●騎手が静かで落ち着いていること
●常に意識を集中し、馬を心地よく正確に導びくこと

で、このときに、馬の意識を集中させやすくするために、馬具や紐、柵が必要になります。
”馬を縛り付ける紐”ではなく、”馬の心をつなぎとめる紐”
そして
”馬を閉じ込める柵”ではなく、”馬の心を集めておく柵”です。
馬森では、「紐なし、柵の外でも楽しく安全に乗れる」ことをめざし、日々練習中です。

馬を心地よく自然に導くには

人を乗せる訓練を受けた馬にバランスよく乗り、
●常に無言の対話をし、
●馬の性質を理解し誤った指示のストレスを与えず、
●リラックスさせつつある程度の緊張感

がないといけないのですが、このいずれかが大きく崩れると制御が難しくなります。
乗り手は常に落ち着き、馬を正しく導ける “頼れるリーダー” でないといけません。

いうことを聞かないからと口につけたハミを突然力いっぱいねじられたり、いきなり思い切り腹を蹴られたり棒で殴られたりしたらどんな馬だって嫌ですし、自由にさせすぎると乗り手を忘れたお散歩になってしまい、足元に草があればそれを延々と食べ始めてしまいます。

いわゆる“さじ加減”が難しいのです。

必要なもう一人の人

普通、施設で馬と人の関係をまとめるには、横に立って訓練された馬を引き、安全を守る立場の人が必要です。

31
馬たちも乗り手に理解できない指示を繰り返されたりすると混乱し、飽きて歩みを止めてしまいます。
管理人は”契約”と呼んでいますが、
「こうしたらこうする」という馬と人の間のルールを作り、それを確実に守ることが大事なのです。
環境の変化、見えない病気、屋外での1頭、さらに空腹でも扱いが難しくなります。

人が心をこめて話しかけることも、意味なく身体に触れることも、思われているほど有効ではありません。
馬は音声によるコミュニケーションや直接のふれあいを、群れ同士でもあまり行いません。
それよりも無言で毅然と正しく導く方が馬に伝わりやすいのです。

管理人は、馬の心は”水はけの悪い小さな植木鉢のようなもの”だと思っています。
もともと一日のほとんどを、群れで暮らし草を食むことで生きる動物です。
生きることに直接結びつかない人間の意志を受け入れられる器が小さく、受け入れられる水は少なく、吸水はとてもゆっくりです。

そしてだからこそ、面白いのです。
25-4

予約/お問い合わせはメールにて TEL 0470-58-0213 予約制 AM9:00~PM18:00 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 南房総 - 馬森(まもり)牧場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.